新宿の椎間板ヘルニアの治療なら

サイトマップ
東京都,新宿,整体

新宿の椎間板ヘルニアの治療

新宿の椎間板ヘルニアの治療なら

東京都新宿の椎間板ヘルニアの治療なら

東京都新宿の椎間板ヘルニアの治療

 



椎間板ヘルニアは、まず上の図のように腰の骨である腰椎の傾きで、その傾きと逆方向に、

骨と骨の間の繊維軟骨質のクッションである椎間板(正確にいうと椎間板内の髄核が)が押し出されて飛び出し、

その椎間板が神経を圧迫して下肢に痛みや痺れを引き起こします。ちょうど上の図のような状態です。

椎間板ヘルニアは痛みの程度の幅がかなりある症状でどのくらいの腰椎の傾きで、どのくらいの量の

髄核が押し出されて神経を圧迫しているかで症状が変わります。

もちろん手術や長期安静が必要な場合があるのも否めません。

但し、かなり不快な状態ながらも日常がとりあえずなんとか遅れている程度の状態であれば

当院の手技でなんとかできる場合が、100パーセントではないですが多いです。

なんとか手術は避けたいものです。当院がそのお手伝いをできればと思っております。


椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニアの特徴

1、坐骨神経痛がでる事(おしりから足にかけての痺れと痛み)

2、神経の走行に沿っての痺れ、痛み。

3、逃避性傾斜(椎間板が出ている痛い方向と逆に体を傾けて痛みをそらそうとする状態)

ヘルニアになった際に、足の痛み、痺れである坐骨神経痛が発生します。
ただ、坐骨神経痛はいくつか原因があり、必ずしも坐骨神経痛=ヘルニアというわけではありません。
詳しくは当院の坐骨神経痛のページを参考にして下さい。


ヘルニア由来の坐骨神経痛の場合は、髄核の突出がどれだけ神経を圧迫しているかによりますが、
大抵は、他の事(筋肉や骨のズレ)が原因の坐骨神経痛よりも、かなりの痛みがあります。

そのヘルニアの程度を見極めてこちらで、治療の際のどの手段を用いるか、どのくらいのペースで行うかを決めてやっていきます(それはさすがに現場での判断になりますのでお越しになられた際にご説明します。)

一応当院で椎間板ヘルニアの検査もやります。
ですが椎間板ヘルニアの検査に関しては、やはり画像診断の方がさすがに正確です。
できればあったほうが良いので、椎間板ヘルニアでないかとの疑いをお持ちの方は整形外科などで画像診断を受けてきていただけると幸いです。

その上で
MRIやレントゲンなどのフィルムを当院にお越しの際、見せていただくと、かなり施術方針の参考になります。なので、整形外科を受診された方は整形の先生に画像フィルムの持ち出しの相談をされてもいいかもしれません

当院で椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症の治療
に使うベッド。

構造医学、マッケンジー理論、東洋医学などに基づいて、椎間板ヘルニアの施術を
行っていきます。

?
この様な画像データがあると助かります。ただなくとも施術できないというわけではないのでご安心ください。


東京都,新宿の整体の治療

当院ではこちらからの来院が多いです。

東京都新宿区

東京都渋谷区

東京都世田谷区

東京都中野区