椎間板ヘルニア

こんな症状はないですか?

  • 足に強い痺れ、痛みがある。
  • お尻や足の痛みで自然と体が傾いてしまう。
  • 病院でヘルニアと診断を受けたが、痛み止め以外特に対処はない。
  • ヘルニアと診断を受けたがなるべく手術は避けたいと思っている。

こういった症状はヘルニアかもしれません。

当院では上記の症状、もしくはヘルニアと診断を受けた人で
治りの悪い方などの対応をしております。

ヘルニアの原因

ヘルニアは、椎間孔という背骨からの神経の出口部分付近に、腰の骨と骨の間にある椎間板という繊維軟骨のクッションが、骨の歪みによって押し出されるような恰好で飛び出すことで下肢にいく神経を圧迫して足の痛みや痺れ、いわゆる坐骨神経痛を引き起こします。

当院でのヘルニアの施術

まずは、当院独自の弛める手技や、磁気で血行を促していく器具や温熱器などで体を暖めていきます。インナーマッスルレベルの緊張をとっていきます。

さらに当院ではヘルニアの原因となった腰の骨の傾きや歪みの解消をメインに施術していきます。
さらに、ヘルニアの診断を受けて数か月たっても痛みや痺れが変わらない方は、ヘルニアを起こした周辺の組織が癒着(くっついている)をおこしている「瘢痕治癒」の状態の可能性もありますので、そちらの組織に動きをつけていくよう施術を行います。

当院でのヘルニアの施術でここが変わる
  • ヘルニアの痛みによる日常のストレスからの解放
  • 痛みから解放されて運動をする余裕がでてきた
  • ヘルニアの症状以外にも冷えやむくみ、肩こりなども改善
  • 姿勢指導など具体的な指導を受けることによる再発防止

ヘルニアについてよくある質問

2か月前からヘルニアの診断を受けています。
病院では、痛み止めと牽引しながらの経過観察といった感じですが、痛み、痺れもあまり変わっていません。そちらに伺うことで少しは改善されますか?

そのような方こそ当院をご利用されたほうがよろしいかと思います。
当院では、様々な角度からヘルニアの原因を探していきますので今までの治療で見落とされていた部分などもあるかもしれません。まずは一度お越しいただいて我々の施術、及び説明をお聞きいただいて判断していただければと思います。

どのくらいのペースで基本通院すると良いですか?

まずヘルニアといっても、人によって症状の重さにかなり幅があります。
まず基本週1回からのペースになります。
症状の改善がみられはじめ、歪みも減りはじめてきたのを施術者側で確認できたら、2週間に1回で様子をみていき、それでも問題なければ3週間に1回で正しいバランスの定着、 保存といった流れに通常はなっていきます。

HPリニューアル記念!初回割引実施中!

新宿で効果的な整体治療を受けたいならまず当院へ!

まずはお気軽にご相談ください!

初診でWEBご予約をご利用の方へ

当院では整体施術のコース以外は存在しませんが、症状別に担当できるものがわかれますので、初めて来院の方は予約システム上では以下のコース選択をお願い致します。
2回目以降の方は基本初回の担当者で対応させていただいております。

  • 症状別ベーシックコース(首、肩のこり、腰痛)
  • 症状別アドバンズコース(首、肩こり、腰痛以外の症状、手足の痺れや痛み、自律神経失調症、膝痛など)

営業日・予約状況

新宿の整体、腰痛の治療なら 西新宿整体院

住所 〒106-0023 新宿区西新宿1-13-2 松原ビル5F
営業時間 平日 12:00~22:00 / 土曜・祝日 11:00~19:00
休診日 日曜
アクセス 新宿駅徒歩5分
tel:03-6382-8399
根本治療 新宿で10年 新宿駅徒歩5分