東京都新宿の坐骨神経痛

サイトマップ
東京都,東京,坐骨神経痛

東京都新宿の整体,新宿の坐骨神経痛の治療

新宿の坐骨神経痛なら

東京都,新宿の坐骨神経痛なら

坐骨神経痛は発症するのに複数のパターンがあります。ここではその種類と真の原因をご紹介します。

 

坐骨神経痛は寒冷、圧迫、などの影響を受けやすく、神経痛の中で、最も多くおこりやすい病気です。
坐骨神経はおしりの下部からでて、足の下のほうまで通っている神経で、骨盤の仙骨から出ています。
人体の末梢神経の中でもかなり太い神経です。 そこが圧迫、引っ張られたりすると、
おしりから下肢(足)への痺れ、痛み、ひどくなると歩行障害や座ってられないなどの状態になります。

坐骨神経痛の発生にはいくつか種類があります。
代表的な発生原因を挙げてみます。

・梨状筋症候群  これは骨盤から出てくる坐骨神経を、丁度骨盤部分に付着している梨状筋
   というお尻の筋肉の緊張が圧泊して起こす坐骨神経痛です。
              背骨に対して骨盤が大きくずれた時、骨盤部分のお尻の筋肉が骨盤のズレを
    抑える為に緊張します。その際に坐骨神経を圧迫する訳です。
座っているのがつらくなったりします。

  ・椎間板ヘルニア   背骨と背骨の間にある椎間板という繊維軟骨のクッションが背骨の片側への
        傾きで押し出され、背骨からの神経の出口で、 末梢神経を圧迫されたり、          引っ張られたりした場合に起こります。痛みの特徴として部分的というよりは            神経の走行に沿って連続的に痺れや、痛みがおこる事と坐骨神経痛のなかでは
        おそらくかなり痛みの強い事になると思います。

 ・腰椎すべり症 分離すべり症  これらは背骨の中の脊髄の通り道を、上と下の背骨が、前後にず                     れる事により、その脊髄の通り道を圧迫してしまう事が原因で、
      腰痛や下肢に痺れや痛みが起こります。
                     歩いている時や立っているときのほうがつらい場合が多いです。

 

  ※ 坐骨神経痛というとたいして原因を特定せずに、お尻の筋肉をひたすら弛めるといった
アプローチが多いですが、上記のように、またそれ以外にも
いくつかそのおこり方にパターンがあり、それに応じた施術が必ず必要になってきます。
歪んでいる方向が全く逆な為、真逆のアプローチをしなければならないのです。

 

坐骨神経痛は真の原因は結論からいうと「冷えと歪み」が原因でおきることが多いです。

神経の圧迫による場合も、真の原因に、体の歪みや捻じれがあります。

普段の姿勢の癖になどによる歪みが長期間続いている方が、
冬場の冷えこみや夏場の冷房のあたり過ぎ、
体力の消耗による体の発熱量の低下、自律神経の失調からの冷え
などによって体の緊張が強くなった為に、より強調された歪みのストレス
が、

お尻(臀部)や足の付け根あたりから、ひどいと足首にまで影響して
いきます。

個人差ありますが治るのにも多少時間がかかる場合もあります。根気よく治していきましょう。

当院、西新宿整体院は腰痛・坐骨神経痛をかなり得意としております。是非当院の整体をご利用下さい!

  新宿で坐骨神経痛の治療

 





東京都,新宿の整体の坐骨神経痛の治療

当院ではこちらからの来院が多いです。

東京都新宿区

東京都渋谷区

東京都世田谷区

東京都中野区